クレジットカードの審査についての大学生の年収とは?

クレジットカード落ちる原因って

ネットで買い物をするのにクレジットカードがあると便利なので申し込んだら審査落ちしてしまったという人の話を聞きます。

この場合、落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンや奨学金の返済を滞納してしまった、水道料金などの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものはしっかり返済していないとクレカを利用した後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあり、返済されないと思われてしまうからです。

最近増加しているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に学生や社会人なりたての人はクレカなどの知識が少ないことも多いので気をつけましょう。

家事手伝いと専業主婦、働いていないので収入がないのは同じですが、クレジットカードを作る際やローンを組む際に大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと書いてある場合、ほぼどのカード会社でも審査に落ちると言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通ることがあります。

なぜかというと主婦の場合は養ってくれる夫の存在があるからです。

正社員として継続して安定した収入がある夫がいれば返済も大丈夫だろうと判断できるためです。

カードを作ってもあまり使わないということもあるためカードを新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

高額な買い物をするときの支払い方法を皆さんはどうしていますか?現金でしか払わないと決めている人も中にはいると思いますが多くの方はクレジットカードを使う方が多いのではないでしょうか。

ただ、大学生や社会人になりたての場合はカードを持っていないこともあります。

審査をしてカードを発行しないと当然ですがカード払いはできません。

ここでは、初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするには窓口も兼ねた提携ショップで申し込む方法や申し込みでは年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に用意しておきましょう。

結果がわかるまでの審査期間は即日が多いです。

結果がわかるまでの期間は即日の場合が多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

クレジットカードについてネットで調べていると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを払っていてもクレカは発行できるの?ということです。

そういったHPの中で、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報を記録しているので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞りなく返済できていれば逆にプラスに判断されることもあるくらいです。

もし、問題なくローンの返済ができているのに審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

特に見落としがちなのは不注意からくる公共料金の払い忘れなどです。

最近、イベントなどの電子チケットなどでクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要な時が増えてきました。

現在、クレカを持っている方はいいのですが持っていない場合は各カード会社に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを発行する場合、気になるのが審査がどう行われているのか、基準は厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、継続して安定した収入があるのかという部分とローンや公共料金の支払い滞納がないかなどの信用情報です。

収入面は年収からいくらまで貸せるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを見ています。

ローンやクレジットカードを申し込む際に重要なことって何を思い浮かべますか?収入を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性という人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば借入できる金額や毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業などの部分も安定した収入が入ると考えられる正社員なのか、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は他のローンの支払いなどが問題なく行われているかを見ており、支払い期日が守られるかを見ています。

高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金でしか払わないと決めている人も中にはいると思いますが多くの方はクレジットカードを使う方が多いのではないでしょうか。

ただ、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないと当然ですがカード払いはできません。

初めてカードを作るときについて説明します。

申し込みをするには窓口も兼ねた提携ショップで申し込む方法や手軽にできるネットでの申し込みがあります。

申し込み時に年収などを記入する必要があるので事前に確認しておきましょう。

審査期間は即日というところが多いですが実際にカードが届くまでは2週間前後かかります。

大きい買い物をする際やネット通販など色々な場面で活用されているクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって心配なのは審査基準がわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要と言われているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はクレヒスを記録している機関に情報照会をして過去に問題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので未納などに気をつけましょう。

周りの人にあまり知られたくないことってありますよね。

例えば、ローンやクレジットカードの申し込みをしたことなどです。

そのため、カードは作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという人もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートをして、約2割の人が連絡がきたという調査もありました。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないということです。

ただ、カード会社によってはその確率が低い場合もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は連絡の確率は低くなると言われています。

ネットショッピングなどをする際に荷物受け取り時にお金を用意せずに済むとても便利なクレジットカードですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行されません。

審査で重要なのは安定した収入があるかと信用情報です。

信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返していたかなどのデータです。

そのため、ローンの支払い期日や公共料金の支払いなどはきっちり行うことが重要です。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、お金を下ろしたタイミングが悪くて引き落とし日にお金が入っていなくても止まることがあるので気をつけましょう。

買い物に行った時に便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できると書いている人を見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは発行されません。

申し込み時に必ずカード会社側で審査をします。

なぜ審査をするかというとカード会社からすると貸したはいいけど返済されないということは1番避けたいことです。

そのため、申し込みが入ると申込者の年収からいくらまで貸せるか、前に返済を滞納していたことがないかを確認しています。

若い人にありがちなのが携帯料金の未払いです。

1回だけなら大丈夫なことも多いですが複数回滞納すると落ちる可能性が高まります。

買い物をした際に現金の持ち合わせがないときやネットショッピングなど利用する場面のどんどん増えてきているクレジットカードですが新社会人の方などはまだ所持していないことがあります。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが活用されることも増え、クレカ払いのみ可能なんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない人は諦めてしまうこともありますが即日発行できるカードも存在しています。

イオンカードやアコムなどの消費者金融系のカード会社の場合、WEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、合格していればイオン銀行の店頭やクレジットカウンターでその日のうちに受け取れます。