クレジットカードの審査が年収に件に関する情報

クレジットカード審査受かる人の特徴

周りの人にできれば知られたくないことってありますよね。

どういった場合かというとローンを組むことやクレジットカードを作ることが多いようです。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんなことを聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認がかかってくるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートを行ったデータが見つかりました。

約20%の人が電話がかかってきたという調査もあります。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低くなることもあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は機械によるスコア審査がメインになるので低くなると考えられます。

クレジットカードの申し込みについて周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた経験のある人とない人がいます。

中には、カードを作る際に電話確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に電話のないカード会社というものは原則としてなく連絡がくる可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴としては、スピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、1日の申し込み数が多くに、人の力だけで全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、連絡が来る可能性が少ないと言われています。

ローンやクレジットカードを申し込む際に大切なことって何かわかりますか?年収と答える人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの申込者の属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば利用できる金額や毎月の返済額がいくらくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業などの部分も安定した収入が入ると考えられる正社員なのか、収入が不安定なアルバイトなのかを見ています。

信用情報は水道料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いをする人かを見ています。

各種ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を記載する欄が用意されています。

審査でどんな意味を持つのかが気になったのでネットで調べてみました。

クレジットカード申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でもOKです。

審査では返済履歴など重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際にカードが欲しいために盛った情報を書いてしまうこともあります。

そこで以前のクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

最近では、電子チケットの利用が増えるなど様々な場面で利用するクレジットカードですが、申し込みを行うのに必要なもの・書類は何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社によってはマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として認められることもあります。

他には、利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所は必要になります。

口座情報などを入力する際に間違えてしまうと金融機関に登録した銀行印を押すことが必要になります。

クレジットカードについて調べていると時々このような話を聞きます。

それは住宅ローンを払っていてもクレカは発行できるの?ということです。

そういったHPの中で、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは特に関係ないという人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞納せずに返済できていれば逆にプラスに判断される場合もあるくらいです。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性やなどの別の部分を考えたほうがいいでしょう。

見落としがちな原因は公共料金の払い忘れなどです。

クレジットカード決算方法とは

高い買い物をする際に現金を用意せずに買い物ができるクレジットカードは便利ですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行されません。

申し込み時に重要なのは安定した収入があるかとクレヒスです。

クレジットヒストリーとはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどの記録です。

そのため、ローンの支払い期日や公共料金の支払いなどはきっちり行うことが重要です。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れだけでなく、たまたま口座にお金が口座に料金代が入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる先輩社会人も多いです。

なるべくなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。

どうしてかというと、早いうちからクレカ決済を利用してクレジットヒストリーが出来上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンが必要になった際の審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく公共料金や携帯料金をうっかり払い忘れても信用情報にキズがつきます。

家事手伝いと専業主婦、働いていないのでクレジットカードを作る際などに大きな違いが出てきます。

職業欄に家事手伝いを記載した場合はほとんどのカード会社で審査に落ちるという話もあります。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通る場合があります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在が大きいです。

夫が正社員として継続して安定した収入があれば返済も行われるだろうと判断できるためです。

作ってもあまり使わないという場合もあるためカードを新たに作る時は年会費無料のカードを申し込みましょう。

職場の人にあまり知られたくないことといえばローンを組むことやクレジットカードを作る場合知られたくない人は多いと思います。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんなことを聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認がかかってくるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートをして、300人のうちの約2割の人が電話がかかってきたという結果になっていました。

そのため、絶対に連絡のないカード会社はないということです。

ただ、カード会社を選ぶことによってその確率が低くなる可能性もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は連絡の確率は低くなると言われています。

高い買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?多くの方はクレジットカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

クレジットカードを使う方が多いのではないでしょうか。

ただ、社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないと当然ですがカード払いはできません。

申し込みをするにはショッピング施設で申し込む方法や申し込みをするには窓口も兼ねた提携ショップで申し込む方法やスマホなどで手軽にできるネットでの申し込みがあります。

結果がわかるまでの審査期間は即日が多いです。

結果がわかるまでの期間は即日の場合が多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

クレジットカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど様々な種類が多くてどれを選べばいいかわからないという場合もあるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を持っている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉をドラマなどで聞くこともありますがこの2つに関してはカード会社から招待されないと作れません。

基本的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が重要と言われています。

カード会社選びにランキングサイトも活用してみてください。