クレジットカードの審査は誰でも年収の?条件はある?

クレジットカードと携帯電話料金

就職をして社会人になった際のアドバイスでできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる先輩社会人も多いです。

大学生のうちに持っておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちからクレカ決済を利用して返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンが必要になった際の審査で有利になります。

逆にカード決済のトラブルが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく公共料金や携帯料金をうっかり払い忘れても信用情報にキズがつきます。

大きい買い物をする際やネットでの買い物、電子チケットなど使う場面の増えてきたクレジットカードですが、新社会人の人など若い人の中にはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって心配なのはカード会社の審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要と言われているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、今までのローンなどの支払いのことです。

審査時にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去に問題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので未納などに気をつけましょう。

周りの人にあまり知られたくない内容ってありますよね。

どういった場合かというとローンを組むことやクレジットカードを作ることが多いようです。

そのため、クレカを作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認の連絡があるのかデータがないか調べたところ実際にカードを作った300人にアンケートを行った結果、約2割の人が電話がかかってきたという調査もあります。

この結果から絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低いこともあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は低くなっていると考えられます。

最近では、電子チケットの利用増など様々な場面で利用するクレジットカードですが、申し込みを行うのに必要なもの・書類は何があるのでしょうか。

まず、必ず準備するのが免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社によってはマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として提出する必要があります。

他には、利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所は必要になります。

口座振替依頼書を利用して口座を登録する場合は、金融機関に登録した銀行印が必要になります。

クレジットカードについて調査していると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンの返済途中でもクレカは作れるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行機関で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは特に関係ないという人もいますが両方とも個人信用情報機関にデータが残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞りなく返済できていれば逆にプラスに判断される場合もあるくらいです。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの他の部分を疑ったほうがいいでしょう。

特に見落としがちなのは不注意からくる公共料金の払い忘れなどです。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を記載する欄がありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったのでネットで調べてみました。

クレジットカードの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人などの若者をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など確認が重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を入力するケースもあります。

そこで古いクレジットカードの利用履歴が紹介して出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

クレジットカードと信用情報

社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる先輩社会人も多いです。

なるべくなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。

どうしてかというと、早いうちからクレカ決済を利用して返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンが必要になった際の審査で有利になります。

逆にカード決済でトラブルが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく公共料金や携帯料金の払い忘れをしても影響があります。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増加してきており、その中にはクレジットカード払いのみ可能などほぼ必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードを申し込んだ際に審査通らないということが起きないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、信用情報は大丈夫かという実績です。

例えば、正規雇用ではなく、フリーターなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると聞くことも多いです。

信用情報については支払い期限があるものがちゃんと払われるかを見られています。

最近では、電子チケットの利用増など様々な場面で利用する機会の多いクレジットカードですが、必要なもの、用意するものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証やパスポートなどの本人確認書類です。

カード発行会社によってはマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として大丈夫な場合もあります。

他に、一部カード会社を除き利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所はどのカードでも必要です。

口座を入力する際などは情報を間違えることがないようにしましょう。

金融機関に登録した銀行印を押すことが必要になります。

大きい買い物をする際やネット通販など色々な場面で便利なクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ持っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって不安なのはカード会社の審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要と言われているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、ローンや公共料金などの支払い履歴のことです。

審査時にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去に未納や滞納を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

家事手伝いと専業主婦、この2つは似ているようのも感じますがクレジットカードを作る際に大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと書いた場合はほぼどのカード会社でも審査に通るのは厳しいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通る場合があります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在が大きいです。

夫が正社員として働いていて継続して安定した収入が見込めれば返済もできるだろうとカード会社は判断できるためです。

カードを作ってもあまり使わないということもあるためクレジットカードを新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

よくCMなどで見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどのカード会社ですか?楽天カードを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っているのは事実です。

クレカを作ろうと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが最も知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査基準を公開していませんが審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引情報です。

勤務先の住所などの情婦をうっかり入力ミスした場合、虚偽申請とみなされ、審査に受からないこともあるので気をつけてください。