人気のクレジットカードの審査の年収について

クレジットカードは学生でも作れる

高額な買い物をする際に現金を用意せずに買い物ができるクレジットカードは便利ですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行されません。

申し込み時に重要なのは安定した収入があるかとクレヒスです。

学生時代にはあまり聞かない信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどの記録です。

そのため、ローンの返済期限や公共料金の支払いなどはきっちり払うことが重要です。

最近、若い人に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、お金を下ろしたタイミングが悪くて引き落とし日にお金が入っていなくても止まることがあるので気をつけましょう。

就職をして社会人になった際のアドバイスでできるだけ早く用意したいものとして多いのがクレジットカードだと言われています。

できれば大学生のうちに持つべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちからクレカ決済を使ってクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。

クレヒスが良いとローンを組む際の審査で有利になります。

逆にカード決済のトラブルが複数回続くとクレヒスが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレジットヒストリーはクレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金の払い忘れをしても影響があります。

最近、イベントのチケットなどで先行分はクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要な時が増えてきました。

現在、クレカを所持している方はいいのですが所持していない場合はカード会社に申し込んで発行する必要があります。

初めてカードを申し込む場合、気になるのが審査がどう行われているのか、厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、継続して安定した収入があるのかという部分とクレジットヒストリーとも呼ばれる信用情報です。

収入面は年収などから返済能力がどのくらいあるのか、信用情報は期日通りにちゃんと返済してもらえるのかを見ています。

各種ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に勤続年数を記載する欄が必ずありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響にならないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む時に盛った情報を入力するケースもあります。

その場合、古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら嘘の情報がすぐにバレてしまうことになます。

買い物をする際に現金の持ち合わせがないときやネット通販など利用する場面の増えているクレジットカードですが新社会人の方など若い人の中にはまだ持っていない人もいます。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが活用されることも増え、先行抽選時はクレカ払いのみなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない方は諦めてしまうこともありますが即日発行できるカードも存在しています。

例えば、イオンカードの場合ではWEBで申し込みをして審査結果がその日のうちにわかります。

審査に合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

ネットショッピングをするのにクレジットカードがあると便利と聞いてクレカが必要になり申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンの返済が滞ってしまった、公共料金の支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日などがあるものをしっかり払えていないとクレカを利用した後に引き落とし日に申込者の口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので期日に気をつけましょう。

クレジットカードと本人確認書類

ローンやクレジットカードの申し込み時に重要なことって何かわかりますか?年収を挙げる人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性という人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどんな判断につながるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入が継続しているとわかれば借入できる金額や毎月の返済額がいくらまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も安定した収入が入ると考えられる正社員なのか、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は水道料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いが行われるかを見ています。

最近では、電子チケットの活用など様々な場面で利用するクレジットカードですが、申し込みを行うのに必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必ず必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード会社によってはマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として提出する必要があります。

他に、一部カード会社を除き利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを送付してもらう住所が必要です。

口座を入力する際などは情報を間違えることがないようにしましょう。

金融機関に登録した銀行印を押すことが必要になります。

クレジットカードを申し込んだ時にカード会社側にはどうやって収入情報を確認しているのでしょうか。

実は審査の時に見ているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を調べる方法がないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報をチェックしているのかというと過去の利用者の中から申込者の働いている業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいだろうというデータがあり、そのデータと照らし合わせて変な部分がないかと見ています。

乖離が激しい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

乖離が大きい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

大きい買い物をする際やネット通販など使う場面の増えてきたクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いと思います。

まだカードを作っていない人にとって不安なのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

一般的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、ローンや公共料金などの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はこの支払い情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルを起こしていないかを確認しています。

住宅ローンを組むときなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

最近、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

イベントによってはクレジットカード払いしかできないなど現代では必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードを作ろうとした時に審査通らないということがないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、信用情報は問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、フリーターなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると聞くことも多いです。

クレジットヒストリーについては支払い期日ちゃんと守って払われるかを見られています。

ローンなどの金融関係の申し込みをする際に必ず、勤続年数を記載する欄がありますよね。

審査でどんな影響を与えるのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの場合、勤続年数1年以上が条件になっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年以下でも大丈夫です。

審査では返済履歴などの信用情報のように重要な項目が他にあり、確認方法がない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を入力するケースもあります。

古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなり働いている期間がバレてしまうことになます。