クレジットカード審査通らない理由を考える

最近、ライブなどの場面で電子チケットが普及してきました。

イベントによってはクレジットカード払いのみ対応などほぼ必需品のようになっていると言ってもいい状況です。

そのため、クレジットカードを申し込んだ際に審査通らないということが発生しないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは継続して安定した収入が入っているかや職業などの属性がどうなのか、信用情報は大丈夫かという実績です。

例として、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると多くの人から言われています。

信用情報については支払い期限があるものがちゃんと払われるかを見られています。

家電などの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしていますか?現金主義な人もいると思いますが多くの方はクレジットカードで払う方が多いのではないでしょうか。

大学生や新社会人の場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないとクレカ払い以外しか利用できません。

初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするには商業施設で申し込む方法や申し込みでは年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に用意しておきましょう。

申し込みをする際に年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

カード審査の期間は即日出ることが多いですが実際にカードが手元に届くまではもう少し時間がかかります。

大きい買い物をする際やネットでの買い物、電子チケットなど色々な場面で活用されているクレジットカードですが、社会人なりたての人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって心配なのはカード会社の審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのが信用情報です。

クレジットヒストリーとは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社は信用情報を記録している機関に情報照会をして過去に未納や滞納を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレヒスは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

よくTVCMなどで見るクレジットカード会社と聞いてみなさんがイメージするのはどの会社ですか?大半の人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

CMのおかげか、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカを作ろうと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが最も知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

他のカード会社と同じく、審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたクレジットなどの信用取引履歴です。

勤務先の住所などの情婦をうっかり入力ミスした場合、虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので注意してください。

最近では、電子チケットの利用増など様々な場面で利用する機会の増えたクレジットカードですが、審査に必要なものは何があるのでしょうか。

まず、必ず準備するのが免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社によってはマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として提出が認められます。

他には、利用料金の引き落とし先として使う銀行口座と発行したカードを受け取るための住所が必要です。

口座振替依頼書を利用して口座を登録する場合は、間違えることがないように気をつけましょう。

職場の人にあまり知られたくないことといえばどういった場合かというとローンを組むことやクレジットカードを作ることが多いようです。

そのため、クレカを作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんな質問をされるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認があるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートを行ったデータが見つかりました。

300人のうちの約2割の人が電話がかかってきたという結果になっていました。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないということです。

ただ、カード会社によってはその確率が低い場合もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は連絡の確率は低くなると言われています。

ネットショッピングで便利なのでクレジットカードが欲しいと思い調べてみると

カード会社やゴールドカードなど選択肢が多くてなにを選択したらいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を持っている場合が多く審査に合格するのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉を聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

自分から能動的に申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

審査では年収とクレヒスが重要視されています。

カード会社選びにランキングサイトも活用してみてください。

ローンやクレジットカードを申し込む際に重要なことって何を思い浮かべますか?年収を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性と答える人もいます。

では、実際にこれらは審査に当たってどのように見られているのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば借入できる金額や毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫そうなのかを見ています。

職業などの部分も正社員なら安定した収入が見込める、収入が不安定なアルバイトなのかを見ています。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく払われているかを見ており、期日を守って支払いをする人かを見ています。

周りの人にできれば知られたくないことってありますよね。

例えば、ローンやクレジットカードの申し込みをしたことなどです。

そのため、クレカが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認の連絡があるのかデータがないか調べたところ実際にカードを作った300人にアンケートを行ったデータが見つかりました。

約2割の人が電話がかかってきたという調査もあります。

なので、絶対に連絡がこないカード会社はないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低い場合もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は低くなっていると考えられます。

高い買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金主義な人もいると思いますが多くの方はクレジットカードを使う方が多いのではないでしょうか。

大学生や新社会人の場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないと当然ですがカード払いはできません。

初めてカードを発行するときの簡単な流れについて説明します。

自宅から手軽にできるネットでの申し込みがあります。

手軽に行えるネットでの申し込みがあります。

申し込み時に年収などを記入する必要があるので事前に確認しておきましょう。

結果がわかる期間は即日というところも多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を記載する欄がありますよね。

審査でどんな影響を持つのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でもOKです。

審査では他に返済履歴など重要な項目があり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響にならないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報・誤った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

そこで古いクレジットカードの利用履歴が紹介して出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

大きい買い物をする際やネット通販など色々な場面で便利になるクレジットカードですが、新社会人の人など若い人の中にはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのは審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのが信用情報です。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略でローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去に問題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでも信用情報は重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。