クレジットカード現金化は高金利?実は違法行為なの?

クレジットカードはポイントが貯まるだけではなくそれ以外にも様々なメリットがあります。

アイワイカードなど流通系のものはポイント付与率が高くなる「感謝デー」を毎月開催するサービスがあります。

JCB、AmericanExpressなどの国際ブランドでは海外や国内のホテルやレストラン、ショッピングで優遇が受けられます。

発行元が運営する会員向けのレクリエーション特典はフットサルコートやテニスコート、テニススクール、乗馬、カヌーなどのスポーツ施設の割引価格での利用があります。

一方で、美容や健康面でも充実しているカードもあり健康、ダイエット、漢方相談、メンタルヘルスなどの専門相談などのサービスをうけられるものもあります。

現金がなくてもショッピングできる1枚を持っていると万が一の時に安心です。

これはショッピング時の支払に利用できる他現金が引き出せる機能が付帯しているのでお金が必要な場合は素早く対応できます。

作成法は色々ですが、簡単な方法はインターネットからの申し込みです。

ネットからの申し込みは現在一般的な方法です。

インターネット以外の方法ですと提供会社から送られてくる書類に必要事項を記載し送り返す。

という郵送手段もあります。

クレジットカードはショッピングや食事の際に代金を支払う方法のひとつです。

盤面に埋め込まれたICチップやバーコードで個人の識別や提供会社、ブランドの識別がなされる仕組みです。

売り上げや利益は会員が利用することから得るのですが3回以上のショッピングローンでなければ金利手数料は発生しません。

ユーザーの利用で売り上げが無いときは運営会社の利益は全く出ないのでしょうか。

実は飲食店や商店などの加盟店からも手数料を集めているので必ず利益が出るシステムになっているのです。

日本では数多くのクレジットカードが存在しており日常生活に浸透していますが大半は国際ブランドのマークが印刷されています。

入手が困難なDinersClibもありますがVISAやMasterCard、JCBは一般人でも手軽に持つことができ基本的には世界中で使うことができるアイテムです。

VISAは日本でとても質の高いイメージが築き上げられていてテレビCMのおかげで知名度は抜群だと思います。

MasterCardはVISAと双璧をなす企業で特にヨーロッパ圏で強いカードと言われています。

国内の飲食店などでは特に威力を発揮するJCBですが海外ではイマイチなので心許ないかもしれません。

手持ちの現金が乏しいときでも買い物できる1枚、その支払い方法の中には一括・分割・ボーナスなどから選ぶことが出来ます。

リボ払いは分割払いとは違い月々決められた金額をその会社に支払う方法です。

月の支払額を一定にできるので家計の管理が簡単になるのが特徴です。

ですが、この方法選ぶと手数料もかかりますから簡単に選ぶ事は避けた方が良いです。

支払いは計画を立てて行う様にしてください。

ランチやディナーもキャッシュレスなので財布の中を気にする必要がなくなるカードがありますね。

利用金額によってポイントがもらえたりマイルが貯まるブランドもあります。

支払時に提示してサインするだけの簡単な使い方なのですが、他人の物を使うと裏面にサインされた筆跡でバレてしまいます。

支払で使った金額の清算の方法は契約時に指定された毎月の支払日に自動引落されます。

通常、1回払いで引き落とされますがネットや電話で変更する事もできます。

最近、クレジットカードショッピング枠を利用した換金、いわゆるクレジットカード現金化を行う方がいますが、これはほとんどのカード会社の規約で明確に禁止されており、ほぼ違法に近いグレーゾーンですので注意してください。

参考:クレジットカード現金化!違法・高金利注意【安全でお得に借りる方法】

クレジットカードはキャッシュレスで支払ができるのでレジで現金を用意する必要がないため手軽に会計を済ませることができます。

運営会社や提携ブランドの収入源は手数料が占める割合が大きいですがこれは利用者が支払うものと店舗側が支払う加盟料というように両者から徴収されます。

営業の種類によって店舗が支払う加盟料には差がありバーやクラブなどの飲食店は2番目に高い率の業種で4%から7%に設定されています。

利用者が支払う場合は支払回数が3回以上の分割払いで毎月の決済日に金利と共に引き落とされます。

3回未満の支払にローン料金を加算しないのは購買量を多くするための運営会社の配慮なので伝票に利用代金を加算されていたら、支払に応じず発行元へ通報して下さい。

インターネットのショップで買い物をするときに現金を使わないで電子データーで支払い手続きをする方法をネット決済と言います。

色々な決済方法がありますが、ジャストペイド方式のデビットカードでも利用できます。

買う側はコンビニやATMまで出かけて行かなくても済むので昼夜を問わずに買い物ができるところが利点です。

販売店は、サイトに商品を掲載しておけば良く営業時間が関係なくなるので自由に作業ができます。

しかし、どんなシステムにもデメリットがつきもので不正入手したデーターで「なりすまし決済」に悪用されることもあります。

クレジットカードには会員保障制度というシステムがあり拾得物を届けずに他人に悪用されて受けた場合の損害に対して、発行会社が負担してくれます。

紛失、盗難にあったことを認識した場合は、直ちに警察に届け出るとともにすぐに電話で発行元にも連絡をします。

不正利用があった場合は、最大60日までさかのぼって対応してくれますが名義人の故意が発覚した場合は、適用されません。

ネット決済の場合は、番号や有効期限、名義を打ち込むだけで暗証番号もありませんから、簡単に不正利用されてしまいますので用心してください。

ネット決済で悪用された場合、手元にカードはあるので発覚しにくいですが日頃からカードの利用状況をメールで報告してくれるサービスを利用するのも有効です。

クラッシックカードでは得られないステータスがゴールドには与えられていて通常会員が利用できないサービスを受けることができます。

審査基準には年齢制限や年収制限などの厳しい審査がありましたが最近では、よりグレードが高いカードが発行されるようになり基準が緩和されてきたようです。

この会員が享受できる特典はいろいろありますが、一例としては専用デスクの利用、ホテルや航空券、劇場などのチケットの手配などがあります。

年間の会費が無料になるものもありますが、これについては既存会員の中で企業が規定する利用条件を満たした人だけが「お誘い」を受けるシステムなので、こちらから申し込んでも受理されません。

その上、規定の決済金額で年会費が不要になるものもあり、シティカードジャパンのシティバンクシティゴールドカードでは年間30万円の決済で適用されます。

持っていると便利なクレジットカードの審査は他のローン審査と比べると簡単に済むケースが多くおおかたのクレジットカード会社がネットからの申し込みがいつでも可能です。

過去にローンに関する問題が無ければ申し込み方法は簡単で審査時間も短く済む場合が多く審査通過後、通常1週間程度で本人宛にカードが郵送されます。

財布にあると便利なクレジットカード。

クレジットは買い物の支払い時に利用しますが支払い以外にもキャッシング機能が使えます。

キャッシングとはどう使う物か?例えば、どうしても現金が必要になった時にATMなどからカードを使って現金を下ろす事が出来ます。

ただ、キャッシングを利用した場合、返済が必要です。

返済時には利息もつくのでクレジットカード現金化を作る時はキャッシングの利息が低い所を選ぶと良いでしょう。

現在、電子マネーは種類が多くなってきており我々の生活に浸透しているセブンイレブンのナナコもそれにあたります。

チャージという方法で現金を預けておいてショッピングや食事の支払は残金の範囲内で行なうことができます。

レジでお金を数える必要が無いので時間が無くて急いでいる時でも慌てなくて済みますね。

ついつい使いすぎてしまうキャッシュレスなカードとは違ってこのシステムでは、ショッピング前に支払が完了しているので安心です。

更に預託金システムなので信用審査が不要ですからパート主婦やアルバイト学生でも利用できるので便利ですね。

財布の中の現金が少ないときなどに現金なしでも買い物できる1枚が財布の中にあれば安心です。

買い物に行った際の支払時に少し現金が足りない事もあると思います。

その様な時、これを使って支払いをすれば欲しい物を我慢することなく手に入れられます。

それに、これは支払に利用する他海外でも利用できるキャッシング機能があるのでどうしても現金が必要な時はこちらを使いコンビニや銀行のATMより必要な分を引き出すことが出来ます。

クレジットカード現金化は何かを購入した際に財布から現金を取りだす必要なく支払いが出来るのであればとても便利に使えるカードです。

そして、買い物の支払いだけでなく電気・ガス・水道の公共料金も支払いが可能です。

カードを使って公共料金を支払うといつの間にかポイントが沢山貯まっている事もありポイントを貯めるのが目的で支払いをクレジットに指定する人もいます。

が、クレジット支払いを選択すると口座振替時とは違い月の割引が無くなる事があります。