FXの主流ってなに?

FXの主流は、短期でのトレードです。
通常は、デイトレといいます。
デイトレの「デイ」とは、日本時間の0時から24時とは違い、ニューヨークの時間になります。
つまり、世界における金融は、ニューヨークを中心として動いているというわけです。
短期トレードは価格が急激に変化する危険度が低くなりますが、そのかわり、大きな利益も得にくくなります。
外国為替証拠金取引で勝つためには売買における規則が重要だといわれていますが、FXの売買ルールとは簡単にいうと投資における守るべき規則のことです。
規則に則って運用をすることで、危険性を最小限にでき、勝つ確率が高くなります。
この規則は、自分で作成してもいいですが、自信が持てないのであれば成功者の規則を真似ることをお勧めします。
FXのシステムトレードというのは事前に売買ルールを定めておき、裁量を交えないで注文する取引の方法をいいます。
ツールを用いることが多く、取引の時の精神的なストレスを感じにくく、注文を迷うことなくすむのが良い部分といえます。
ただし、システムトレードでは、市場の急激な変化への対応が困難です。